三共の歴史

がっつり調べてみようと思ったはいいが、やはり大手メーカーの三共・・・。かなりの歴史があり、全部を記載しようとすると大変なことになってしまう・・・。
三共の会長を主軸にし、勝手にわかりやすく歴史をまとめてみました。

もともとは現在の名誉会長が平和工業(常務)を退任して、その後中央製作所を設立、そして現在業界大手メーカーとなるサンキョーの母体となる㈱三共を1966年に名古屋に設立した。

その後、1981年4月に群馬県桐生市に本社を移転するまでの流れとしては、販売拠点として1968年11月に九州支店(現福岡支店)・1969年4月に札幌支店・1970年9月に広島支店・同年11月に仙台支店・1971年4月に北関東支店・同年5月に名古屋支店、さらに生産拡大のため群馬県桐生市に桐生工場を開設し、1980年にはあの、超特電『フィーバー』を発売することとなる。

さらに1984年7月には横浜支店を開設、1991年8月には定款上の商号を株式会社サンキョーに変更する。1996年3月には株式会社ダイドー(平成16年1月株式会社ビスティに商号変更(現連結子会社))を買収し、1997年9月には東京証券取引所第一部銘柄に指定。1999年4月にはパチスロ事業部を新設する。2008年8月には現在の東京都渋谷に本社をおくこととなる。

サンキョーのパチンコといえば

サンキョーといえば、やっぱりフィーバーパワフルでしょうね。 とっても、かわい女の子が出てきて「パワフル」と言って 絵柄を回してくれるんです。 あのドキドキ感がたまりませんでした。 後、フィーバークイーン! これは、ドラムが回って絵柄を揃えるという物ですが トランプの絵柄が書いてあってジョーカーやキング・クィーンといった感じで、独特な感じの絵が描いてあって面白かったです。 あの、音楽がまたなんとも言えず臨場感を出すというか ドキドキを募らせる感じで、とてもよかったです。 最近は行ってませんが、昔は1箱5000~6000円ぐらいで換金出来ましたが、今は1円パチンコがあるので そんなには稼げないみたいです。 父が、「昔はよかったな」と、いつもぼやいてます。 少し前に、サンキョーからXJAPANの台も出てましたよね。 あれは、やってみたいなと思いましたが 専業主婦なので、グッと我慢しました。 旦那さまに怒らちゃうので。 こんなに楽しませてくれるサンキョーはすごいと思います。

業界最大手のパチンコメーカーのサンキョー会長さんは凄い。

パチンコのお店に行くと見かけるサンキョーの台。 他社のメーカーもありますが、サンキョーと言えば会長も、ちまたでは有名な人のようですね。 名前も読むのが難しいのですが、『どくじま』と読んでしまいますが、本当は『ぶすじま』の様ですね。 業界最大手で、東証1部上場企業のサンキョーは、この方の存在があったからここまで成長してきたようですね。 今や会長になって、億万長者らしいですね。 そのような会社のサンキョー。 私の好きなのは、フィーバーパワフルものですが、”777”が揃う時のあの瞬間は、パチンコをしていて一番のひとときを感じますね。 しかし、最近は甘デジでフィーバーしてもラウンド数が15Rもなかったり、出玉も少なく当たりが出ても下の受け皿に貯まるだけで当たった感じが昔より減少していると思っているのは私だけでしょうか。 最近遊んだ機種の「フィーバー X JAPAN」も当たりは出るが、出玉が少ない当たりがあるので、もう少し楽しみたい機種ですね。 この機種は、左右に昔のゲームで使っていたジョイスティックがあるところもゲーム感覚があっていいのですが。。。。 もっともっと楽しませてくれる機種を出して頂ける事を期待しています。

サンキョーとは

三共というメーカーのパチスロの遊技台で遊んでる方、
またテレビCMに詳しい方ならよくご存じかも知れません。
そこの社長をしている方が澤井明彦という方です。
サンキョーを説明する場合によく利用されている代名詞が「フィーバー」という言葉です。その言葉の生みの親とも言えます。
パチンコに限らず何か商売などで当たった場合に、この言葉を利用する方は多いでしょう。恐らく、パチスロ業界では知らない人はいないと言える程の方だと思います。
もちろん、社長が作り上げたものはその言葉だけではありません。まずおじさん達の楽しみを作ったということではないでしょうか。週末の会社の休みにちょっと足を運ぶ、そんな場所を提供したとも考えられます。日本の遊技業界の歴史を作ってきた人と言っても過言ではありません。
今でこそ、若い方にも認知されているパチスロなどの娯楽ですが、ここまで来るのには地変な苦労があったかもしれません。しかしその苦労が、今の地位を築きあげたのだと思います。

グループ企業

日本ゲームカード㈱・㈱ビスティ・㈱三共エクセル・インターナショナルカードシステム㈱・㈱三共クリエイト・三共運送㈱・㈱三共プランニング・㈱サテライト・エンビジョン㈱・三共観光開発㈱・㈱カントリークラブ


サンキョー公式HP社長挨拶三共
パチンコ新機種 X JAPANサイトでYOSIKIスペシャルインタビュー
パチンコで復活!FEVERタイガーマスクが近日ホールへ

 

PR

大連携!オーディンバトル
オーディの騎士となってジョブを鍛えて上位ジョブへ!闇の軍との決戦に勝利せよ!
gloops.com