ビットコインの仕組みと購入方法

ビットコインは、国を超えて流通する仮想通貨です。
仮想通貨と言われるのは、管理する国家や団体がなく、参加した利用者が相互監視をしていること、実体のない電子データであることが理由として挙げられるでしょう。
電子マネーと仕組みが似ていますが、少し違います。
電子マネーは円などの国が管理する通貨を、ICチップが入ったカードや、携帯電話のアプリに入金させて、その額だけ使える前払い方式の決済手段です。
一方ビットコインの場合は、通貨を交換して入手する必要があります。
取引所のサイトから登録をして、ビットコインを管理するネット用のアプリやソフトを入手し、通貨と交換をする必要があります。
アプリやソフトで財布代わりに決済ができますが、セキュリティ面で不安がある場合は、紙製のものを発行することも可能です。
取引できる金額は、その日の売り手と買い手のバランスによって決まりますので、入手したい人が多ければ、相場が上がり、思ったほどの金額を得られない場合がありますし、換金して売りたい人が多ければ、予想以上の額を入手できる場合もあるでしょう。
株式や国債などの有価証券の取引と同じような仕組みと考えると、わかりやすいかもしれません。
https://www.coin-portal.net/bitcoin/column/