弔電を送ろう。

弔電は今まであまり送った事がない。
人が召されるときは、突然だったりするが、距離が近い友には電話をしたり、手紙をしたためたりしていた。
しかし、自分もどうしていいかわからず、微妙な距離の人で、駆けつけられない時は、そのままにしていたりする事の方が多かった。
しかし何かやはり形にした方がいいように思う。
悲しんでいる人に何か力になりたいと思うなら。
これから、年代的にもそのような場面も増えるだろう。
弔電のマナーや文章の書き方も知識に入れていおくべきだ。
人と人との距離が希薄になっている昨今、メールなどで何でもすませてしまう事も多いだろう。
だけど、これぞといった大切な時には、思いを言葉にして大切な人に届けたいと思う。