温泉旅館は日本人のくつろぎの場所なのです

昔から現代に至るまで、日本人がのんびりくつろごうとする場所は、お風呂です。
特に休養したい場合などは温泉に行くことが大きな楽しみでもあります。
その場合、温泉旅館の方がくつろげる感じがします。
温泉ホテルでもいいのですが、温泉旅館といった方が和室の畳の上にごろりと横になって、外の景色でも見ながら「ああ、のんびりする」とつぶやいてしまうイメージがあるのです。
温泉ホテルにも和室はあるのですが、感覚的に温泉旅館の方がいいのです。
タオルをのせて温泉にゆったりつかり、「ああ、極楽極楽」なんてつぶやくのが、日本の正しい温泉旅館の楽しみです。
温泉からあがり、お部屋で食べきれないほどの御馳走が出るのも、温泉旅館のお楽しみです。
大食堂でバイキング料理では雰囲気が味わえません。